FC2ブログ

琥珀色のコーヒーブログ 2

珈琲店でのことや豆の話、主人の日常や関心のあることが綴られる内容です。

かのナポレオンが配流された赤道直下大西洋の孤島セントへレナ島で、珈琲豆が取れるという話です。

1816年にナポレオンがこの島に流刑にならなかったとしたら、その島の存在すら忘れられていたかもしれない小さな島です。
かつてコーヒー農園を所有していた東インド会社の記録によれば、1732年にイエメンのモカ港からこの島にコーヒーが持ち込まれたとあります。

現在、この島には5つの農園があります。

ナポレオンズバレー・エステート
ブルーマンズ・エステート
マウントアクタエオン・エステート
GWアレクザンダーコーヒー・エステート
コーヒーグラウンド・エステート

名前からすると「ナポレオンズバレー・エステート」の豆がよさそうです。

この農園は、ジェラニウム渓谷の先端にあるナポレオンの墓石近くにあります。平和と静寂を見出したナポレオンが最後の安住の地として、この場所をよく訪れたと言われています。また、彼の侍従武官だったマーシャル・ベルトランドとその妻の居住地でもありました。
この土地を開拓し、コーヒーの栽培を始めた当初は、数箇所の石段が土に埋もれていたり、当時使用されていたウェッジウッドの陶器やワインボトルが発見されました。そして、シダに覆われた石の階段はナポレオンの墓石へ続いていました。

セントへレナ島はアフリカ西南アンゴラから大西洋に約1000キロほどの絶海の孤島ですからなかなか行けません。行き方としては、南アフリカのケープタウンからひと月に一回郵便船がセントヘレナ島に就航しているので、それに乗船します。片道1週間かかります。で、帰りはひと月後にやってくる郵便船に乗ります。時間とお金のある方、冒険好きな船酔いされない方には、ゆっくりできる旅行になるかもしれませんね。忘れてました「世界のレアな珈琲農園めぐり」好きなマニア(本当にいらっしゃるかは不明ですが)には、必須なセントヘレナ島かもしれません。
この豆もいつか仕入れたいひとつです。
注、アタカ通商さんの資料から抜粋しました。
スポンサーサイト



テーマ:本日の小ネタ - ジャンル:ブログ

このページのトップへ

Information

カフェ人です
  • Author: カフェ人です
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

08月 « 2007年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

プロフィール

カフェ人です

Author:カフェ人です
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する