fc2ブログ

琥珀色のコーヒーブログ 2

珈琲店でのことや豆の話、主人の日常や関心のあることが綴られる内容です。


ここ数年スターバックスが買い付け人気が高騰し、エチオピアモカ輸入停止の現在、珈琲業者から熱い目で見られているアフリカ中央の新星
アフリカの珈琲豆の台風の目となりつつあるルワンダを御紹介します

ルワンダといえば、「マウンテンゴリラ」と映画「ホテル・ルワンダ」で有名ですが
現地では「ゴリラの子供の名前付け」というセレモニーが毎年行われています
多くの森や花に囲まれて、自然が残っているからマウンテンゴリラも共存しているといえるでしょう
アフリカではいつも近くに動物がいると思われますが、「動物を見たい」ではなくて「動物は存在する」と認識したほうが正解のようです、日本の面積の何倍もあるのですから、動物園ではなくて自然動物園といったところでしょうか
そして動物たちの命の源「水・池」もあり、風光明媚なキヴ湖も観光地です
土を使った陶器芸術や民族性あふれるバスケット
豊穣と云われる千の丘をもつ国
そして同時に「人間殺りく」の悲しい歴史を持つルワンダ
ルワンダをイメージするものは、ゴリラではなくて「子供の笑顔」かもしれません


当店では2種類のルワンダ・ブルボン種を扱っています
カレンゲラという商品と単一農園のルワンダ・アバトゥンジ農園

日本ではまだ馴染みの薄い珈琲産出国ですが
世界の評価ではカッピングテストで上位入賞の常連となっいるルワンダ
現在のメインバイヤーは欧州と米国ですが、日本でも「珈琲理解国」へのツールとなる「珈琲の美味しさ」を備えたものです
当地では2008年、アフリカ初の「COE・カップオブエクセレンス」が開催されました
日本で人気のあのアフリカ銘柄よりも深いです、香り・コク・甘さすべてが。

ロングベリーブルボン種特有の香りを持ち、エレガントでなめらかなな味わい。

エチオピア産珈琲豆輸入停止の現在、エチオピアモカの代用として香り・コクとも匹敵しうるアフリカの新星・ルワンダの単一農園の珈琲豆
これから多くの「コーヒービーズンズショップ」の店頭に並ぶはずです

ルワンダではブルボン種の他に、エチオピア起源のハラーを植えています。おそらくこのロングベリーはエチオピア起源と思われます。ロングベリーのチェリーを現地では『イカワ・ンデンデ』と呼んでいます。


このルワンダの珈琲豆、5月収穫8-9月船積み、次回は今年11月頃に横浜入港ですがアバトゥンジだけは予約完売したそうです(珈琲商社)
人気が出てきました、定番商品となりそうです、価格上昇だけはないことを祈るばかり
アフリカ内陸産の珈琲豆ではケニアとともに一番高く取引されている豆でもあります
スポンサーサイト



テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

このページのトップへ
16世紀に作曲家としてオランダで活躍されたヤコブ・ファン・エイク
ユトレストに生まれた彼は盲目でしたが、カリオンとオルガンそしてリコーダー奏者としても優れていたようです
今朝の一枚は「笛の楽園」3枚組の中の第2集から
リコーダー演奏は「マリオン・フェアブリュッヘン」

珈琲生産地とマリアージュしそうな自然環境
鳥が鳴き人間が入り込んでこないパラダイス
2009年の今は映画の世界だけかもしれませんが・・
来月の店内用スペシャリティーコーヒーはグァテマラです
かの地の国鳥でケツァールという綺麗な鳥
近隣のコスタリカやパナマにもいるようですが・・
見るためには何時間も待たねばならないと言われる

鳥の声や川のせせらぎ、朝日や夕日を見るだけではなくて感じる
車のない自然の中での生活
憧れます
日本の楽園はどこなんでしょうか
NEC_0765.jpg
エイク:笛の楽園(2)エイク:笛の楽園(2)
(1996/12/21)
フェアブリュッヘン(マリオン)

商品詳細を見る
このページのトップへ

Information

カフェ人です
  • Author: カフェ人です
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

07月 « 2009年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

プロフィール

カフェ人です

Author:カフェ人です
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する