fc2ブログ

琥珀色のコーヒーブログ 2

珈琲店でのことや豆の話、主人の日常や関心のあることが綴られる内容です。

長崎美術館を目指して7時に天神のホテルを出発
長崎出島インターまで 2時間のドライブです
以前 内山田洋とクールファイブのLP盤をCDに作り変えたことがあり
その「長崎の歌 特集」を聴きながら
先日 同時代 活躍された同じビクターRCAの歌手 
藤圭子さんがお亡くなりになりました
次回のカラオケは追悼会となりそうです、ご冥福を。

途中必ず立ち寄る大村サービスエリアでカシャ
DSC_0121_convert_20130824103445.jpg
DSC_0122_convert_20130824103938.jpg
時間があれば大村駅に行き「エフエム大村」を見学したかったのですが今回は見送り
以前長崎へ行ったときは山手のインターで降りたような記憶がありますが
今回は市内まで行けましたので時間的に早いですね

9時前に出島に到着 開館まで1時間待つことに
美術館で開催中のスペイン「アントニオ・ロペス展」へ
入り口には待っているゲスト多し
それまで出島 長崎港を見学
DSC_0125_convert_20130824104640.jpg
DSC_0126_convert_20130824104810.jpg
DSC_0127_convert_20130824104915.jpg
何故と思われるでしょうが・・
大島珈琲店電話ボックスに貼っていますリーフレット
あるお客様に数ある中から「お薦めは」とお聞きしましたら
「アントニオ・ロペスがいいですね」と
即決で十何年ぶりの長崎行きを決定

建物内にあるカフェは
ハウステンボスの迎賓館初代料理長「上柿元勝」さんプロデュース
気になりましたので着いてすぐにお茶
綺麗な風景を楽しみながら過ごせます
DSC_0128_convert_20130824105359.jpg

外観と内装に使われている素材はアート
8年前に出来たそうで光を感じる最新の設計でした。
簡単そうに思えるスケッチほど難しい・・・とは宇城市美術館長 正村さんの話
音声ガイドもいいのですが
美術絵画に造詣の深い方に同行するのが一番 楽しいかもしれません。


美術館の近くに駐車して市内電車で浜の町という繁華街へ
約30年前
初めて訪れた長崎市内での最初の食事は「吉宗よっそう」の茶碗むし
久しぶりにお邪魔しました
DSC_0129_convert_20130824105534.jpg
DSC_0130_convert_20130824105634.jpg
DSC_0131_convert_20130824105741.jpg
DSC_0132_convert_20130824105840.jpg

昨日の竹屋さんのような外観、歴史的建物です
下駄番と赤い絨毯は今もありました
変わったことは・・店の方から見て私達が年下でなく年上になったことです
出島地区は再開発、一方でレトロな店が残っている
そんなところも歴史ある長崎の魅力かもしれません
最後に浜の町商店街をカシャ
DSC_0133_convert_20130824105948.jpg

後は水分補給しながら大分へ
宿泊は別府、いつもの晴海です
後はお決まりのパターンなので省略します
今年のコピーは「別府に来て晴海」・・と団扇に印刷されてました
お風呂の湯加減もいいし、料理の素材・味付け・量などもいいと思います
運転免許を返上するまで通うことになりそうな宿です。


3日目は帰るだけ

途中道の駅・豊前「おこしかけ」へ
いつもの夏の地物いちじくを購入
行橋名物なので宇部産いちじくとは甘味が違うかな
これを食べると夏も終わりが近いと感じる果物です。
スポンサーサイト



このページのトップへ
先月の売り上げが昨年よりも悪かったので 
休んでいてはいけないと思いながら
3日ほどお休みをいただきました。

 
夏のお休みは
今年こそ体を労わる・・何もしない連休と決めていたのですが
いつものように
移動に時間を費やすだけの3日間となりました
夏の日差しプラス車の振動で疲れるのですが
気持ちだけは仕事気分を忘れリフレッシュということで。

お客様と話しているとあちこち行きたくなって
当初のいつものコースにあっちこっち増えました
行く所 すべて8月の最高気温
暑かったです

今年の夏休み初日は福岡市内
最初は大島2号の古巣(山口でしたが)日本赤十字病院近くへ
 
平尾という場所のロイヤルホストで朝食
入り口にはバーがないのですが
車ごとに下から金属が出てきて
飲食をしない無断駐車が出来ないようになっています
唐津でも同じ仕様の駐車場がありました
今 流行っているのでしょうか
夜の時間や不慣れだと、発進してトラブルになりそうですが。

無事に駐車場を出て
各種の袋関係を頼んでいます大楠にある「清和」さんへ
サイズ違いのギフト箱を頼んだので返品に来ました
今までは別注の箱でしたが、これからは既製の箱に変わりますので
納品価格が下がります、ドリップバッグギフト商品の価格は下がります
珈琲豆ギフトは価格を据え置き、分量は増えます。
初めてお邪魔してから10年以上経ちます
今は珈琲関連の商品が増えました。

脱線しますが
時折 お付き合いの所へは顔を見せておきたい・・ロボット相手ではなく人間同士
そんなセリフを日曜日の夜の人気番組で言ってました
大阪の銀行を舞台としたテレビ番組です

思い出します、29年前
父親と歩いて決めた発注先のこと

店を開店する前に焙煎機や珈琲豆や紅茶・店の什器・備品などを
決めようと大阪へ
紙おしぼりは大阪・丼池(どぶいけ)あたりを歩いて探した会社・・嶋商事さん
紹介もない突然の飛び込みにもかかわらず29年 
同じ品質と格で納品いただいております
大阪の会社は凄いと本当に思います

昔話の大阪から2013年夏の福岡へ戻ります

大島2号は10時間の自由時間
2日前はフラツキで休養してましたが
夏の疲れが出たのでしょう
1月のお休みも遊んで風邪を治した前科があるので
大丈夫でした。

私は先週 宇部井筒屋横の某所で
購入した税金のような紙切れ(化ける可能性あり)を持参
多くの女性の方が興味を持たない場所へ(エフエムきららの4番打者お薦め)

の予定が忘れてしまいました紙切れを・・
そしてホテルの駐車場が改装中で
いつもと違う場所に泊める事に・・
予定していた天神バスセンターからバスで行く予定はボツ
仕方ないので車で唐津へ
高速道が繋がっていますので1時間で唐津城到着

DSC_0104_convert_20130824095407.jpg
DSC_0105_convert_20130824095526.jpg
DSC_0106_convert_20130824095714.jpg
桟橋から島へ渡ります
船で10分 ¥200で旅行気分になれます
DSC_0107_convert_20130824095816.jpg
DSC_0108_convert_20130824100321.jpg

到着後 ゴッドハンドと書かれた売店で袋を購入
その中へ宝くじ(現地で購入)を入れて宝当神社という名所へ
DSC_0111_convert_20130824101142.jpg

DSC_0109_convert_20130824100859.jpg
DSC_0110_convert_20130824101033.jpg

自分で社へ上がりお参りします
帰りの船は60分後なので炎天下 日陰を見つけ休息
ネコが多くいる店の前で(ここはネコパワーで当たるとか)
子猫も数えると10匹前後いました
すべてのネコを団扇であおいでいると疲れました。
DSC_0112_convert_20130824101244.jpg
DSC_0114_convert_20130824101536.jpg

ご利益があるかどうかはさておき、一度来たかった所でしたので満足

島から戻り 市内の繁華街へ
唐津信金の近くにある20年来の念願の店へ
DSC_0117_convert_20130824102518.jpg
DSC_0116_convert_20130824101732.jpg
DSC_0115_convert_20130824101627.jpg

遅いお昼を「竹屋」というお店で鰻、風情のある古い店です
家族経営のようです 日本を感じることが出来る唐津の名所でした
一階の部屋の上部には昔ながらの電灯線が張ってありました(ボケテます)
予定では一杯飲んでゆっくりするつもりでしたが
そういう訳にはいかず、福岡市へ戻りました
 
ホテルに戻りシャワー
待ち合わせの夜まで休息します
予定が狂うと疲れが増します、慣れない町の運転も。

前回は久山の和食やひょうたん寿司へ行って「和」でしたので
今回の最初の夜は「洋」
音楽がお好きな方には地下2階「スカラエスパシオ」で知られる
福岡トヨタビル(通称FTビル)
このビル地下1階のフオンタナへ、昨秋以来の訪問
夏のコース 最終日でしたのでそれをオーダー
フルコースですが一皿の量が多くなく
ベルトの位置はそのままゴール出来ます。

DSC_0118_convert_20130824102625.jpg
DSC_0119_convert_20130824102732.jpg
DSC_0120_convert_20130824103033.jpg
ハミルトン嬉野で初めて飲んだイタリアピエモンテの白ワイン
発泡性白ガヴィ・スコルカを二人で飲もうと思いましたが
大島2号は用心して特製ジンジャエール
一人で1本は無理なので5種類飲めるワインコースを選択
嬉しいサービスでガヴィの産地に近い白ワインを用意してくださいました。
ラベルが絵画のようなシチリアワインもあり
色々と嬉しかったので途中からハイペースで飲んでいたら
酔いが来ました、夏の暑さで早く回ったのかもしれません

20名前後の団体がありましたが
都会の店です、店内に響く声で話されるゲストはおらず

2013福岡 夏の夜は閉幕。

このページのトップへ
雨の影響でしょうか
少しだけ涼しく感じる8月24日土曜日
萩・須佐の災害で宇部からもボランティアの方が行かれているようです
お疲れ様です

今朝の一枚
まだ生の空気を吸ったことがないスペインですが

スペインといえば連想するワードは
生ハム、アントニオガウディ、フラメンコ、ゴヤ、アルハンブラ宮殿
ぐらいでしょうか

この夏でひとつ加わりました「アントニオ・ロペス」
先日 長崎に行き初の回顧展を見てきました
写真をサイズダウンしてから連休回顧で書きますが
鉛筆で書く「素描」は素晴らしく
一見の価値ありでした。

そんなことで
今朝の一枚はスペインの曲を演奏した
アナスタシア ヴァイオリン演奏「情熱のアンダルーサ」
素朴な素描だとイメージはギターかなと思いますが
何年もかけて描く絵画は情熱の証でしょうか。

DSC_0137_convert_20130824092248.jpg
情熱のアンダルーサ情熱のアンダルーサ
(2002/04/24)
チェボタリョーワ(アナスタシア)

商品詳細を見る
このページのトップへ

Information

カフェ人です
  • Author: カフェ人です
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

07月 « 2013年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 

プロフィール

カフェ人です

Author:カフェ人です
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する