FC2ブログ

琥珀色のコーヒーブログ 2

珈琲店でのことや豆の話、主人の日常や関心のあることが綴られる内容です。

26日月曜日

ブラジルマンデリンルワンダ・アバトゥンジカレンゲラ
ブルーマウンテン(これでクライスデールは完売、次回はコミュニティなブルーマウンテンです)
グアヤボ・パカマラビルカバンババレー
キューバサンタアリーナ・ブラジルイエメンモカ
ホワイトキャメル・マタリキリマンジャロパピヨンブルー・バニベル
コロンビアオアフ

30日金曜日

ホワイトキャメル・マタリオアフ

11月2日 日曜日

ブルーマウンテン(ミドルトン)、コロンビアブラジル
マンデリン、配合用グァテマラSHB(ブレンドソフトとブレンドマイルドに配合しています)
ルワンダ・アバトゥンジ(定温倉庫から届いたばかりで水分が多目です、焼きむらになりやすく、半年くらい置く方が焙煎しやすいです)
ガラパゴスイエメンモカグァテマラ・ドンアントニオ
ボリビアマウィモカスマトラタイガー

当店サプライヤーである珈琲商社・アタカさんの入荷予定を見ますと
 
マダガスカルやサントメプリンシペなども2013年の予定にはありますが、入荷するでしょうか
本当にアフリカ産の豆は行方不明になることもあるので
扱いにくいようです
南アフリカの豆も来るようですが、品種がSL28でガチャミ・ケニアと同じなのです
話題はあるのですが、テイストが同じと思われるので考慮中

いろいろな豆を扱うほど迷ってしますのですが
20年前は、国名で味を表現していました
それから農園
次に品種(単一がメインで、スマトラタイガーなどのブレンドもトレンドになりつつあります)
今は精製方式です
すべてを掛け算すると無限大のコーヒーワールド
ワイニーな世界です

イエメン産モカも、そろそろ入荷してほしいところです
店在庫でハラズとライミはあるのですが、マタリが少なくなりました

モカとはどなたも知るコーヒーですが
産地もイエメン、エチオピア、マウィ、ブラジル、コロンビアと増えてきました
一般的にはイエメンとエチオピアがメインです
ナチュラル精製とウオッシュド精製でかなり特徴が異なります

ワインのような、スパイスのような、ナッツのような、モルトのような、フルーツのような複雑なモカ
高地産で上級なモカだけが有する・・はイエメン産

花の香りと優しい口当たり、上品な酸味を有する・・エチオピア産イルガチャフェ

いつも書きますが「モカって酸味があってどうも」の台詞
本当は一番深い品種なのです、一言では表せないくらい

 
ゴールデンモカという豆をご存知ですか
イエメン産モカ種の中から、
黄金に輝く豆だけを丁寧に手作業で選り集めた非常に希少価値の高い豆です
年間収穫量120キロ
昨年は入荷があったのですが、今年は来ませんでした
来年あれば仕入れてみようと思います
 
モカの呼び方がいろいろあります
当店のイエメンモカはホワイトキャメルシリーズ
地区を付けて取引されます「ホワイトキャメル・マタリ」とか

他の商社のイエメン産の商品名いろいろです

アルソワイド  数地区の配合
クラシコ  ハイミ地区
ベガ  ハマディ地区
アールマッカ ライミ地区
バニーマタル バニーマタル地区
 
スポンサーサイト



このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

Information

カフェ人です
  • Author: カフェ人です
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

08月 « 2019年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

 

プロフィール

カフェ人です

Author:カフェ人です
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する