FC2ブログ

琥珀色のコーヒーブログ 2

珈琲店でのことや豆の話、主人の日常や関心のあることが綴られる内容です。

今年の夏休み 飽きもせず九州で過ごしました。
いつもは車で移動なのですが
今回は電車・フェリーと乗り継ぐ旅です。

雨が続いた3日間、移動中は大雨でしたが
歩くときは止んだので傘を使うことなく・・

広島・安左の土砂災害を見ながら
雨の恐ろしさを感じました。

初日 福岡・箱崎宮駐車場に車を止めて
地下鉄で福岡駅へ
構内JR九州にて予約の切符を受け取り
出発です。
エフエムきららの和さんに聞いた情報で
新幹線エスカレーター近くにある九州駅弁売り場で購入した
鮎甘露煮の入った人吉弁当でスタート。
DSC_0380.jpg


熊本駅まで初めての九州新幹線のはずが
「みずほ」でした、残念。 33分の旅

熊本駅から三角駅までクラシックなA列車 40分の旅
DSC_0381.jpg
DSC_0382.jpg

天草列車と付けるより断然気分が盛り上がるネーミングです
DSC_0383.jpg
バーがあります。
DSC_0384.jpg

車内で不知火名物の果物 デコポンを使ったハイボール
DSC_0387.jpg
車だと飲めないので旅行気分となりました、結構濃い目です

途中 名勝 御輿来海岸や熊本最古の駅舎「網田駅」などを楽しみながら
DSC_0389.jpg


三角駅に無事に到着。
A列車効果でオシャレな構内です。
DSC_0390.jpg
DSC_0391.jpg

三角からはシークルーズで天草本渡へ 1時間の海上移動
DSC_0392.jpg
DSC_0393.jpg
DSC_0394.jpg
DSC_0413.jpg

昭和41年に開通した天草五橋を見ながら三角・松島は内海なのでのんびり
松島・本渡までは外海、そして雨も風も強くなりアクロバチック
DSC_0414.jpg
本渡港へ無事 到着。緊張が解けました。

本渡からはホテルバスで下田温泉へ  
島の山間を抜けて行きます、35分
ワイパーを使わない運転手さんです、面白い

4回目の「五足のくつ」です。
一番奥のスタンダードの部屋
周りには何もありません、東シナ海が見えるだけ。

1回目は熊本から車で、2回目はビワの産地・茂木からフェリー
3回目もフェリー
車で来ますと6時間を要します、飛行機ですと海外へ行けます

DSC_0395.jpg
DSC_0396.jpg
DSC_0397.jpg
DSC_0398.jpg
DSC_0399.jpg
DSC_0400.jpg
DSC_0401.jpg
残念ながら夕日は見れず、残念。

だれにも会いたくない気分の時には最適な宿

何もない宿です、何を考えるか、何を大事に思うか
人それぞれに感想は違うでしょうが
静かさを大事に思う方にはいいかも
食事の時間を聞かれません、珍しいです
本当のフリータイム

夜の食事 素朴です・・いつもですが。
左手が厨房、右手が食事処
DSC_0402.jpg
DSC_0403.jpg
DSC_0404.jpg
DSC_0405.jpg
DSC_0406.jpg
DSC_0407.jpg
DSC_0409.jpg

夏の生雲丹、地鶏の天草大王、天草黒毛和牛など。

夜は暗いので、酔ってると部屋までの石段は気を付けないといけません。
年齢制限のある宿かもしれません。
雰囲気のある階段の上り下がり 気にならなければ。
食事処に近い部屋なら心配ないのかもしれません。

このページのトップへ
昨日は午前中 お墓参りと盆法要
責任を終えて
お昼は浜の「はなれ」という焼肉店へ
いつより盛況です。
ですが最後の訪問となりそう・・8月から木曜日定休となったようで
昼には行けなくなりました。

先日の宇部高近くのカレー屋さんですが、営業はされているようです
電話番号を変える・・とは不可解ですが
35年以上されている店なので、変えたくなったのか。
当分 助田のクルクムさんか、平原のインド夫妻の店「DIP」もいいかな。

この1週間の焙煎状況です。

8日 金曜日

グアヤボ・パカマラブラジルマンデリン


9日 土曜日

イエメンモカサンタアリーナ・ブラジル
ビルカバンバ

10日 日曜日

ブラジル浅煎りフレンチロースト
ブラジル深煎り


11日 月曜日

キリマンジャロ

12日 火曜日

コロンビアブラジルマンデリン

13日 水曜日

ルワンダ・アバトゥンジカレンゲラ
スマトラタイガーイルガチャフェ・ナチュラル
ワイニー・ブルボンカメルーン・カプラミP
ブラジル浅煎りブルーマウンテン
グァテマラ・ドンアントニオ このページのトップへ
今日は午前中は業者による店内清掃
私たちは家具にワックスをかけるだけ
午後から歯医者での定期点検、主に歯石取り
 
歯医者に行こうとすると
片付け中の店の水が出ません。
あわてて業者へ連絡

調べてもらいますと
駐車場にある貯水槽からモーターで
屋上の貯水槽へ上げるのですが
その電源が落ちていました。
原因は分かりませんが、
何かの負荷がかかってブレーカーが落ちたのでしょう・・・とのこと。

30年目で初めてのことでしたので
次回は自己処理します。
明日は臨時休業か・・と心配して疲れました。
風呂もトイレもあきらめていましたが、簡単に復旧、良かったです。

先日のエアコン修理もですが
水曜日・木曜日に直ってくれて助かってます、ラッキー。 このページのトップへ
昨日は九州・山口では大雨でした。
特に長崎・佐賀では
7月の降雨量の観測史上記録を塗り替えたところも
あったようです。

少し雨もおさまって夜 久しぶりに山口市へ
商店街は昭和の色を残す湯田側
井筒屋があって人通りも多い上山口側
強弱があるのは県内では一番長い商店街なので仕方ないかな。

珈琲焙煎機のジェットロースターがあった店は無くなっていたようです、
レコード店も縮小、古くからあったパチンコ屋ナショナル会館はなく、
昔よく行っていた飲食店がないのは寂しいものですね。
ドマーニという老舗の喫茶店で本日の夕食 クレープ

DSC_0352.jpg

商店街の中心に立ち
山口駅方向をカシャ。
DSC_0353.jpg

なごみーず・・というグループのフォークコンサート
伊勢正三、大田裕美、大野真澄の3人
敬称略

市民館の中庭です。

DSC_0354.jpg

進行と笑い担当のガロ 学生街の喫茶店の大野
テレビでは一番見ることの多い アイドルの大田
ギター演奏で魅了した伊勢
雨の日で湿気も多いにも関わらず、マーティンDで聞かせてくれました
そのギターの話が多かったので
きっと名器なんでしょう。

2時間半 あっという間の演奏・歌
同世代の一体感
ヒット曲の連続

伊勢は、いるかとは違う本家が歌う「雨の物語」「海岸通り」「なごり雪」「22歳の別れ」など
大田は「雨だれ」「「9月の雨」「赤いハイヒール」「さらばシベリア鉄道」
大野はあおい輝彦へ提供した「あなただけを」「君の誕生日」など

不思議と「雨」の歌が多かったですね
歌う初めに、必ず「本日は足元の悪い中よくいらっしゃいました」の台詞で
笑わせてくれました。

行く前はどうかなと思っていましたが
このグループで95回目の開催ということで
息もぴったり、大田裕美の声も衰えなし
最後の3曲
学生街の喫茶店、木綿のハンカチーフ、ささやかなこの人生
20歳前後に聞いた曲 生歌は感動します。

木曜日とコンサート また会えば行きたいです。
還暦を過ぎた ふたりの男性
60代は老後ではなく
前を向いて歩くものなのですね。 このページのトップへ
昨日は宇部滞在の一日でした。

暑くなる前にいろいろとしよう思い立ち
ここ2年の店伝票整理
駐車場横の草木の処理
家のVHSテープの処分
最後は生豆を保管しています部屋の掃除
この時期に毎年していますが、かなりの麻袋と紙袋が出ます。
床に落ちた豆は焙煎してスタッフ用アイスとして使います。

大島2号の楽しみ、この時期のウィンブルドンテニス
一年に一度wowwow契約をして楽しんでいます
なので新作に出会える30日間
昨日は午後 以下の3本の映画鑑賞

一番しっくり見れたのは「アルバートの人生」でしょうか
イギリスらしい映像と描写
ハッピーエンド それとも 悲しい終わり方
どちらも正解はないと思いますが
その監督に任せるしかないですね。
ソファに身を任せるグータラ族としては。

グランド・マスター [DVD]グランド・マスター [DVD]
(2013/12/05)
トニー・レオン、チャン・ツィイー 他

商品詳細を見る
預言者 [DVD]預言者 [DVD]
(2012/07/06)
タハール・ラヒム、ニルス・アレストリュプ 他

商品詳細を見る
アルバート氏の人生 [DVD]アルバート氏の人生 [DVD]
(2013/08/02)
グレン・クローズ、ジャネット・マクティア 他

商品詳細を見る
このページのトップへ
雨が似合う今日この頃です。

今年は紫陽花を見ることもないかなと思っていましたが
福岡へ来たので、箱崎神宮へ 箱は草冠に呂と書くようです

大鳥居から本殿までまっすぐに歩いて行きます
途中の駐車場に止めて、
緑があり鳩がいて風が吹いて気持ちいいものです。
近くには九州大学や福岡県庁があります、
今は天神や博多駅が多くの人で賑わっていますが
古くはこの周辺が栄えていた時期もあったようです。

以下の2箇所は観覧予定でしたが
少し早く着いて開園時間前でしたので外から眺めるだけにしました
本殿の裏にあります「あじさい苑」、駐車場近くの「花庭園」
DSC_0337.jpg
DSC_0338.jpg
正面上部には
鎌倉時代 2度の元冠の後、亀山上皇が書かれた文字「敵国降伏」
博多にこの言葉を掲げ、近隣からの争いを防ぐ手立てになれば・・との思いでしょうか

小さな頃 正月の三社参りでは宮地嶽、大宰府、そして箱崎宮が定番
3号線を4-5時間かけて来てました(今は高速で2時間はかからないのです)
デパートも営業していない(今の初売り福袋は夢のようです)ので
あまり気乗りがしないで親についてくるだけの行事だったと記憶しています。

お昼は大好きな店でパスタ
ウニとオマール海老フェアの期間のようで
久しぶりのレストランタイム
後のことを考えて最初にお願いしました、いつもより軽め(?)で少な目のワイングラス
珍しいジンジャー・・有機コーディアルジンジャーです
いつも頂くジンジャーエールよりも個性的で美味しい
イギリス産JAS認証を得ているハーブ飲料です。
DSC_0339.jpg
これはウニのロワイヤルという商品だそうで、昨秋から着任された料理長のスペシャリテ
ウニをオマールエビのソースでいただくもので
濃厚な海からの贈り物です。映画はやめてフルボトルにしたいくらいです。
DSC_0340.jpg
DSC_0341.jpg

少し眠たくなりましたが
天神東宝で映画鑑賞
「グランド・ブダペスト・ホテル」
DSC_0343.jpg
シリアスかなと想像していましたが、ユーモアのセンスある作品で
メルヘンチックで人とのつながり、時代に左右される栄華と盛衰
アマデウスのような進行です(見られて得心されてください)
あのイギリス女優さんのメイク、誰だかわかりません。
舞台のように6-7幕で(数字はうろおぼえですが)話が変わります。
ハリウッド映画らしく演技派と呼ばれるオールスターキャスト
終わっての感想は、観客に任せる風映画です、私は好きな作品でした。

最後はデパ地下で食料品を買って
日帰りツアー終了です。これで当分県外には出ないつもりなので
しばし高速道路とはお別れ
早朝夜間割引は無くなったでしょうか、7月から休日割引が再開と書かれていましたが。 【“暑い木曜日”の続きを読む】 このページのトップへ

昨日は終日 近・安・早をテーマに過ごしました。

久しぶりにDVD鑑賞
もう7-8年前の作品です。
劇場で見ようとしたのですが日程が合わず
最近見たくなったのですが、いつもレンタル中で
やっと借りることが出来ました。
「マルタのやさしい刺繍」

50歳半ばを過ぎると「生きがい」ということを考えるようになります
自分らしさ、他人との共存
そのすべてが詰まったハートフルストーリーです。
年齢とともに感動する映画の内容も変化します
出会いは嬉しいものです。
人生の後半は綺麗な空気の町で過ごしたくなる山間の物語。


マルタのやさしい刺繍 [DVD]マルタのやさしい刺繍 [DVD]
(2009/04/03)
シュテファニー・グラーザー、ハイジ・マリア・グレスナー 他

商品詳細を見る
このページのトップへ
3日目

最終日は買い物をして帰宅するばかり
噂を聞いていました新しくなtぅた東京駅地下を散策

帰りは16時25分羽田空港便です
最後まで雲海の上を飛行、揺れなし
雲しか見えない風景は不思議な気持ちになります。
【“最終日”の続きを読む】 このページのトップへ
二日目 今回のメインです
地図では近く感じますが、どうでしょうか
ホテルで朝食
行動開始です。

表参道まで銀座線で行き、地下鉄の上り階段をフーフー言いながら地上へ
アタカ情報で聞いた青山骨董通りにあるフランスのカフェ「Coutume」に

DSC_0311.jpg

面白い抽出機があるようで(スチームパンクという名前)サイフォンとプレスの合体のような器具です
まだ日本に数台しかないようで・・残念ながら故障中でした
開店してまだ日が浅いのに・・フランス語の説明書を見ながら修理されるのでしょうか

DSC_0309.jpg

スペシャルティコーヒーを頼むとこんなものが来ます。

DSC_0310.jpg

青山の学生たちとすれ違いながら歩いて根津美術館へ
途中オシャレなビルも多々あります、プラダのビルです

DSC_0312.jpg

やっと着きました、外観に圧倒されます、和です。

DSC_0313.jpg
DSC_0314.jpg

有名な「燕子花図と藤花図」を見たいとの希望で初めて来ました。
美術館の大きな庭には燕子花が咲いています、展覧会はこの時期に開催されるようですね

DSC_0315.jpg

都会の真ん中に大きな敷地の美術館、凄いですね。
今日いらした明日東京滞在のお客様は開催最終日行かれるそうです。
 
これからは下ったり、上ったりの坂の連続
港区には67もの大使館があるとか
途中ルーマニアやギリシャ大使館を横に見ながら
青山・西麻布・麻布十番・東麻布と歩きました。
地図で見て想像するよりハードウォーキング、暑いし

途中 テレビ朝日の近くのカフェ「ミカフェート」元麻布本店へ

DSC_0317.jpg

コーヒーハンターと知られる川島良彰氏の店です
知る人ぞ知る店 ゆっくり出来ます。
夕方福岡のお客様がいらして行かれたことがあるとか・・
お客様との会話も大事なので、いろいろ行くものですね。
著名人が珈琲豆をシャンパングラスに入れて保管してある店です
川島さんはアタカ情報でパナマへ出張されたばかり・・
不在でしたが、テラス席でスペシャルティコーヒーを
私はグァテマラ・サンセバスチャンのパカマラを使ったアイスコーヒー
大島2号はマウィモカを
大島の焙煎よりも少し深めでしたが
豆の状態はいいのでしょう、後味はすっきりです。

後で分かったのですが
提供された容器は、ノリタケの最新のマグカップと
側が冷たくならない優れもののチタンカップ(後、コレド室町にあったのですが機能があって高価なものでした)
パカマラをアイスで出すというアイデアはいいですね、検討しましょう。

DSC_0316.jpg

テレビ朝日の近くでしたが有名人には会えず、残念。

ここまでは六本木ヒルズを目標に来ましたが
次は昼食 東京タワーを目指して近くまで行きます

DSC_0318.jpg

東京へ夫婦で訪れた最初に行きたい店として上がったのですが
その時は高島屋にある支店へ
28年越しの初訪問
東麻布・飯倉にあります「野田岩」本店へ
赤い壁と古木の梁、照明器具も雰囲気あります
鰻は柔らかい仕上げです

DSC_0319.jpg
DSC_0320.jpg

名店でした、雰囲気も商品も。基本(一番安価なもの)に手を抜いてないように感じました
大島2号は店にあった店主の書かれた書籍を読んで
業者との付き合いについての記述など勉強になると言い購入するようです。
金本兼次郎さん著

さすがに歩き疲れたので
今度は地下鉄で六本木へ(大学の卒業式以来です)
六本木・ミッドタウンという名所へ
新百合ヶ丘・リリエンベルグの代役として選んだのは
Toshi Yoroizuka MID TOWN

DSC_0321.jpg

オーナーが自ら作ってくれると・・何かで読んでましたが
不在でした、残念
カウンターのオープンキッチンスタイル
30分待ちましたが、楽しい時間でした。
柑橘類のミルフィーユ、チョコと焼きバナナとマンゴソースを注文

DSC_0322.jpg
DSC_0323.jpg

六本木から地下鉄で日本橋三越前へ
時計の修理をしようと思い・・何故か
どこでも購入された店に持ち込むようにと言われる
でもここの店は違います、3-4人の職人さんがいて
普通に見てくれて正しい判断を下してくれます
小さなことですが、基本なのでしょう、断らないということが

私は墓参のため清澄白河へ、そして写真だけ撮影に東京スカイツリーの下へ

DSC_0330.jpg
DSC_0328.jpg

上りません、駄目です
下から見るだけでも圧倒されます。

大島2号は新しい商業施設 コレド室町へ

DSC_0324.jpg

あまり収穫はないようでしたが
ミカフェートで出た珈琲カップとチタングラスを販売していたようです
そのコレド室町は1から3まであり
コレド室町2に入っている映画施設は凄い仕掛けがあるようです
REAL D  方式の3D映像は綺麗らしいのです
時間があったので行けば良かったです、次回の楽しみにします。


夜はここも大好きな店
室町砂場で日本酒と料理と蕎麦

DSC_0332.jpg

酒のあてがどれも美味しいので頼んでしまします、締めは三色そばにしました。

DSC_0331.jpg


いつもの倍の食欲 食べたいので歩いた・・な感じになりました。

最後に凄い焙煎機があると聞いた日本橋交差点の赤木屋珈琲で締めにするはずでしたが

DSC_0333.jpg

21時ラストオーダーでした、こちらも次回にします。
以前は赤木屋証券、今は赤木屋ホールディングスが経営する珈琲店です。
最後は日本橋から銀座まで歩いて長い一日終了

かなりハードシケジュールでしたが、いつもの違う場所もいいものです。 このページのトップへ
何年ぶりかの東京スティをした数日
伯父の訃報、スペシャルティコーヒーイベントの際は日帰りでしたから。

行きの飛行機 ほとんど揺れなし
最高のスタートです。私だけの感想。

新百合ヶ丘のケーキ屋さんは長期休暇になったようで
計画大幅変更です。

宿泊は福岡で時折泊まっている「西鉄ソラリア」
DSC_0302.jpg
ホテル内装
大きくはありませんが、個人で宿泊するには最適なサイズでしょうか
その銀座4丁目(松屋デパートの裏手)の店舗、地下鉄・東銀座駅からは近いです。
荷物を預け、私だけ地下鉄マップを片手にすぐに茅場町へ
珈琲豆のサプライヤーであるアタカ通称さんへ、10年以上ぶりです。
DSC_0298.jpg

サンプルをお土産に頂き、都内のコーヒー情報もゲット
DSC_0300.jpg
種類は、バリ島のナチュラル精製の豆、ハートマン農園のパチェという品種
入荷したばかりのタンザニア・ルブーマのブルボン種のフラットビーンズとピーベリー
何種類か試飲の準備をしていただいておりましたが
次の予定があり、長居も出来ずに失礼することに。

次は杉並の親戚への挨拶 駅は井の頭線西永福
西永福

今はいない父親の兄の奥様は90歳近い
元気な姿を拝見出来て、母の葬式の際の感謝の言葉を直接伝えることが出きて
片道1時間(飛行時間を加えると3時間)が報われました
やっと任務終了。

京王線で新宿へ、そこから日比谷線で銀座へ
空腹でしたので、直久というラーメン屋を探したのですが
東芝ビルが改築中で、数寄屋橋交差点で何年ぶりかのロッテリアバーガー 
先日爆発事故のあった町田の小田急でアルバイトをしていた当時
食欲のあった20歳前後、バーガー初体験はロッテリアでした。
大島2号は冷麺を2丁目の高級中華の店で食べたようです
美味しさでは2号、思い出度では私でしょうか。

DSC_0303.jpg
4丁目に行き山野楽器でCDを視聴して数枚購入
視聴するこの時間が好きです
バロックからイージーリスニングまでいろいろと
土曜日の今朝の一枚でご紹介していきます。

夜は銀座7丁目のライオンビアホールで気ままにすることに
DSC_0307.jpg
DSC_0305.jpg
ビアホール
何者でもない「一個人」として、銀座という歴史を感じることが出来る店です
今年80周年ということで、母親と同歳です、昭和8年でしょうか
レストランの緊張は今回はなし
初めての店よりいつも行く店で過ごす時間の方が良くなってきました

東京のビルの夜のネオン
設計士の方は興味あるでしょうね
どこもデザインと色と動きが優れものです
ルイビトン
ビアホールに入る前と後に携帯で撮影したものです、ブレはお許しを。
外観


このページのトップへ
昨日は火曜日の雪が嘘のような晴天
七七日の満中陰のお経も済み
無事に納骨を終えて一区切りです。
市内から離れドライブ。

18年前 父親の七七日法要を済ませた後、
親族代表を勤めてくれました杉並・西永福の伯父さんの希望もあり、
お昼を長府の古串屋さんで行いました。
初めての訪問で不安でしたが
歴史が好きで、美味しいものが好きな方でしたので大変喜ばれた企画でした。

母親も最後は美味しいものが食べたいと言っていたので
10年ぶりにお邪魔しました。
DSC_0196_convert_20140124094217.jpg
DSC_0197_convert_20140124094356.jpg
 
18年前 義父さんも元気でひれ酒を数杯飲んだ記憶があります。
今回ももちろん飲むことになりました。

昨日集まって下さった親戚の方々には遠くまでお連れして恐縮でしたが、
思い出の店なので許してくれました。
納骨をしたお墓からも近いので宇部南インターから埴生インターまで15分 
2号線を走り長府へ 40分で到着。

12名でしたので1階の広い部屋を用意されており
自然と庭を見ながら食事が出来ます。
予算を伝えて、何年ぶりかの訪問 
料理が変わっているかどうか不安でしたが、(おせちでは隔年お世話になっています)
ひと口食べて「戻ってきた」と舌が言いました
料理長さんは以前と同じと聞き納得。
京都へ来ている感覚 椀物の出汁にコストがかかっているのは流石
料理すべてに手が加わっている
格式と伝統ある店ならでは。
DSC_0198_convert_20140124094514.jpg


母親との思い出の店 古串屋なので
メインゲストがいない今は再訪はないかもしれませんが
古びておらず守っている人がいる
素晴らしい和食の店でした。
このページのトップへ
昨日は風は強かったですが晴天でした。

墓石に刻印すると書きましたが、
恥ずかしいのですが、墓に直接彫るものと勘違いしていました、
朝 業者と待ち合わせて周りを見渡すと、小さな石があり、それに彫ってありました。
業者の方には本当に申し訳なく・・これが一日の始まり。

ビルのエレベーターの昇降を、昼間は5階自宅へは止めているのですが、
毎週木曜日朝はお寺さんにお経をあげていただいています、
その解除スイッチを忘れており、とんだ失礼をしました。
お経を上げていただいた後、住職さんにお聞きしましたら、
宗派によってそれぞれで、それほど薦めてはいないとのこと、
今では確認出来ませんが
多分18年前 母親もそれを聞いて石を置かなかったのだなと想像・・
これでひと段落。

次は銀行で免許書の提示があり、
車内を探すと見つかりません、あせると冷静さを失いさらに
あきらめて警察で再交付の手続きを・・済ますと、
大島2号がセンターコンソールと助手席の隙間に落ちていたと報告
以前もガソリン給油用カードが同じ所に消えていました。

いやな予感を持ちながら、周南へ
途中 防府に寄りお昼、
市役所から新田交差点へ向かいそこを右折、
少し行きますと右手にあります「今里」ラーメンの店です。

店の前と隣の店舗裏に駐車場があります、
カウンターだけで10席
少し待って着席
禁煙、繁盛店のようで食べたら長居は無理
皆さん 食べたらカウンターへ丼を上げています、
ご夫婦で切り盛りされているようで常連さんは助けている感じ。

出汁は醤油がベースで背脂入り、豚骨に比べるとあっさりです、
大きなチャーシューが入ってます、
麺はちじれタイプ
他の具材は、ねぎとメンマ 
美味しかったです、宇部にはないタイプ、小倉耕治のラーメンに近い
店は清潔、客層も普通(出汁を飲み干される方多し)
ご主人は普通タイプですが職人風、奥様は上品
古典が¥600、チャーシュー麺(5-6枚入り)が¥750
あとはごはんといなり
餃子やビールなどはありません
ラーメンの味で勝負されているようです
私たち的はど真ん中でした、ご馳走様です。
店側の気持ちが伝わるカウンター席は最高です。

気持ちが少し落ち着いたところで2号線を走り
本日最後の目的を果たすために徳山へ
そこで本日最大の失敗、忘れ物をしました
ここまで来て・・って感じ
ここ数年で覚えていないほどの失敗。
また来ます、その時はイタリアンします。

来週は失敗が許されない法要
がんばろう。     このページのトップへ

本日は一人で所用のため周南へ
大島2号は10月下旬に空港で開催されるパッチワーク作品展のため教室へ

久しぶりに山陽本線で行きました(小郡のホームで名物肉うどんの予定でしたが工事中、残念)
用事を済ませ、トライアングルのスタッフのお薦め
ケーキとベーカリーの店「お菓子職人」へ
DSC_0153_convert_20131003144502.jpg

いつもくせでパン好きとしては
あれもこれもと欲しくなり購入、ケーキは断念、次回の車で訪問したら購入します。

それから大きな車通りを駅方面行き商店街東出口へ
DSC_0154_convert_20131003144614.jpg

近くまで来るとスパイスの香りで分かります
当店のお客様お薦めのカレーの店「マサラ」へ。

DSC_0156_convert_20131003144848.jpg
少しだけ開店を待って本日のお客1号として入店、マスター怖そう、でも美味しい予感
絶対お薦めと言われたカツカレーを注文。
味は欧風カレーの王道でした、カウンターはすべてリーマンで埋め尽くされ
ほとんどの方がカツカレー
満席で頼むのも悪いかなと思いながら「お持ち帰り」を注文。

近くには青空公園という子供たちの遊び場があります。
DSC_0155_convert_20131003144732.jpg

商店街を駅まで歩いていますと、昔ながらの店と今風のセンスある店が混在
宇部よりも活気があるように感じました。
駅に着いたときは曇り空で雨を心配しましたが
無事に終了。
明日からの新製品発売に向けて いい休日でした。 このページのトップへ
長崎美術館を目指して7時に天神のホテルを出発
長崎出島インターまで 2時間のドライブです
以前 内山田洋とクールファイブのLP盤をCDに作り変えたことがあり
その「長崎の歌 特集」を聴きながら
先日 同時代 活躍された同じビクターRCAの歌手 
藤圭子さんがお亡くなりになりました
次回のカラオケは追悼会となりそうです、ご冥福を。

途中必ず立ち寄る大村サービスエリアでカシャ
DSC_0121_convert_20130824103445.jpg
DSC_0122_convert_20130824103938.jpg
時間があれば大村駅に行き「エフエム大村」を見学したかったのですが今回は見送り
以前長崎へ行ったときは山手のインターで降りたような記憶がありますが
今回は市内まで行けましたので時間的に早いですね

9時前に出島に到着 開館まで1時間待つことに
美術館で開催中のスペイン「アントニオ・ロペス展」へ
入り口には待っているゲスト多し
それまで出島 長崎港を見学
DSC_0125_convert_20130824104640.jpg
DSC_0126_convert_20130824104810.jpg
DSC_0127_convert_20130824104915.jpg
何故と思われるでしょうが・・
大島珈琲店電話ボックスに貼っていますリーフレット
あるお客様に数ある中から「お薦めは」とお聞きしましたら
「アントニオ・ロペスがいいですね」と
即決で十何年ぶりの長崎行きを決定

建物内にあるカフェは
ハウステンボスの迎賓館初代料理長「上柿元勝」さんプロデュース
気になりましたので着いてすぐにお茶
綺麗な風景を楽しみながら過ごせます
DSC_0128_convert_20130824105359.jpg

外観と内装に使われている素材はアート
8年前に出来たそうで光を感じる最新の設計でした。
簡単そうに思えるスケッチほど難しい・・・とは宇城市美術館長 正村さんの話
音声ガイドもいいのですが
美術絵画に造詣の深い方に同行するのが一番 楽しいかもしれません。


美術館の近くに駐車して市内電車で浜の町という繁華街へ
約30年前
初めて訪れた長崎市内での最初の食事は「吉宗よっそう」の茶碗むし
久しぶりにお邪魔しました
DSC_0129_convert_20130824105534.jpg
DSC_0130_convert_20130824105634.jpg
DSC_0131_convert_20130824105741.jpg
DSC_0132_convert_20130824105840.jpg

昨日の竹屋さんのような外観、歴史的建物です
下駄番と赤い絨毯は今もありました
変わったことは・・店の方から見て私達が年下でなく年上になったことです
出島地区は再開発、一方でレトロな店が残っている
そんなところも歴史ある長崎の魅力かもしれません
最後に浜の町商店街をカシャ
DSC_0133_convert_20130824105948.jpg

後は水分補給しながら大分へ
宿泊は別府、いつもの晴海です
後はお決まりのパターンなので省略します
今年のコピーは「別府に来て晴海」・・と団扇に印刷されてました
お風呂の湯加減もいいし、料理の素材・味付け・量などもいいと思います
運転免許を返上するまで通うことになりそうな宿です。


3日目は帰るだけ

途中道の駅・豊前「おこしかけ」へ
いつもの夏の地物いちじくを購入
行橋名物なので宇部産いちじくとは甘味が違うかな
これを食べると夏も終わりが近いと感じる果物です。
このページのトップへ
先月の売り上げが昨年よりも悪かったので 
休んでいてはいけないと思いながら
3日ほどお休みをいただきました。

 
夏のお休みは
今年こそ体を労わる・・何もしない連休と決めていたのですが
いつものように
移動に時間を費やすだけの3日間となりました
夏の日差しプラス車の振動で疲れるのですが
気持ちだけは仕事気分を忘れリフレッシュということで。

お客様と話しているとあちこち行きたくなって
当初のいつものコースにあっちこっち増えました
行く所 すべて8月の最高気温
暑かったです

今年の夏休み初日は福岡市内
最初は大島2号の古巣(山口でしたが)日本赤十字病院近くへ
 
平尾という場所のロイヤルホストで朝食
入り口にはバーがないのですが
車ごとに下から金属が出てきて
飲食をしない無断駐車が出来ないようになっています
唐津でも同じ仕様の駐車場がありました
今 流行っているのでしょうか
夜の時間や不慣れだと、発進してトラブルになりそうですが。

無事に駐車場を出て
各種の袋関係を頼んでいます大楠にある「清和」さんへ
サイズ違いのギフト箱を頼んだので返品に来ました
今までは別注の箱でしたが、これからは既製の箱に変わりますので
納品価格が下がります、ドリップバッグギフト商品の価格は下がります
珈琲豆ギフトは価格を据え置き、分量は増えます。
初めてお邪魔してから10年以上経ちます
今は珈琲関連の商品が増えました。

脱線しますが
時折 お付き合いの所へは顔を見せておきたい・・ロボット相手ではなく人間同士
そんなセリフを日曜日の夜の人気番組で言ってました
大阪の銀行を舞台としたテレビ番組です

思い出します、29年前
父親と歩いて決めた発注先のこと

店を開店する前に焙煎機や珈琲豆や紅茶・店の什器・備品などを
決めようと大阪へ
紙おしぼりは大阪・丼池(どぶいけ)あたりを歩いて探した会社・・嶋商事さん
紹介もない突然の飛び込みにもかかわらず29年 
同じ品質と格で納品いただいております
大阪の会社は凄いと本当に思います

昔話の大阪から2013年夏の福岡へ戻ります

大島2号は10時間の自由時間
2日前はフラツキで休養してましたが
夏の疲れが出たのでしょう
1月のお休みも遊んで風邪を治した前科があるので
大丈夫でした。

私は先週 宇部井筒屋横の某所で
購入した税金のような紙切れ(化ける可能性あり)を持参
多くの女性の方が興味を持たない場所へ(エフエムきららの4番打者お薦め)

の予定が忘れてしまいました紙切れを・・
そしてホテルの駐車場が改装中で
いつもと違う場所に泊める事に・・
予定していた天神バスセンターからバスで行く予定はボツ
仕方ないので車で唐津へ
高速道が繋がっていますので1時間で唐津城到着

DSC_0104_convert_20130824095407.jpg
DSC_0105_convert_20130824095526.jpg
DSC_0106_convert_20130824095714.jpg
桟橋から島へ渡ります
船で10分 ¥200で旅行気分になれます
DSC_0107_convert_20130824095816.jpg
DSC_0108_convert_20130824100321.jpg

到着後 ゴッドハンドと書かれた売店で袋を購入
その中へ宝くじ(現地で購入)を入れて宝当神社という名所へ
DSC_0111_convert_20130824101142.jpg

DSC_0109_convert_20130824100859.jpg
DSC_0110_convert_20130824101033.jpg

自分で社へ上がりお参りします
帰りの船は60分後なので炎天下 日陰を見つけ休息
ネコが多くいる店の前で(ここはネコパワーで当たるとか)
子猫も数えると10匹前後いました
すべてのネコを団扇であおいでいると疲れました。
DSC_0112_convert_20130824101244.jpg
DSC_0114_convert_20130824101536.jpg

ご利益があるかどうかはさておき、一度来たかった所でしたので満足

島から戻り 市内の繁華街へ
唐津信金の近くにある20年来の念願の店へ
DSC_0117_convert_20130824102518.jpg
DSC_0116_convert_20130824101732.jpg
DSC_0115_convert_20130824101627.jpg

遅いお昼を「竹屋」というお店で鰻、風情のある古い店です
家族経営のようです 日本を感じることが出来る唐津の名所でした
一階の部屋の上部には昔ながらの電灯線が張ってありました(ボケテます)
予定では一杯飲んでゆっくりするつもりでしたが
そういう訳にはいかず、福岡市へ戻りました
 
ホテルに戻りシャワー
待ち合わせの夜まで休息します
予定が狂うと疲れが増します、慣れない町の運転も。

前回は久山の和食やひょうたん寿司へ行って「和」でしたので
今回の最初の夜は「洋」
音楽がお好きな方には地下2階「スカラエスパシオ」で知られる
福岡トヨタビル(通称FTビル)
このビル地下1階のフオンタナへ、昨秋以来の訪問
夏のコース 最終日でしたのでそれをオーダー
フルコースですが一皿の量が多くなく
ベルトの位置はそのままゴール出来ます。

DSC_0118_convert_20130824102625.jpg
DSC_0119_convert_20130824102732.jpg
DSC_0120_convert_20130824103033.jpg
ハミルトン嬉野で初めて飲んだイタリアピエモンテの白ワイン
発泡性白ガヴィ・スコルカを二人で飲もうと思いましたが
大島2号は用心して特製ジンジャエール
一人で1本は無理なので5種類飲めるワインコースを選択
嬉しいサービスでガヴィの産地に近い白ワインを用意してくださいました。
ラベルが絵画のようなシチリアワインもあり
色々と嬉しかったので途中からハイペースで飲んでいたら
酔いが来ました、夏の暑さで早く回ったのかもしれません

20名前後の団体がありましたが
都会の店です、店内に響く声で話されるゲストはおらず

2013福岡 夏の夜は閉幕。

このページのトップへ
初夏の珈琲豆特別販売も終わり、昨日は何年ぶりかに長府へ
23年前に長府トンネル近くに住んでいましたので、
一番近い商店街ということで時間があると山を越して歩いてきたものです。

県道入り口の菊舎さんというお好み焼きの店、
当時は三好屋さん(それからデセールみよしや、今は蔵のケーキ屋みよしやになっていました)
懐かしい店は今も健在でした。

その当時は感じなかった空気を感じ
長府の良さが分かる年齢になったのでしょうか

今は食も細くなり和食懐石のフルコースも辛くなったので
古串屋さんへはここ数年ご無沙汰
和の味のベンチマークはこのお店です。

昨日のお楽しみ
山口銀行から西へ歩いて20秒の場所(路駐可能)へ「ビストロまさ」さんはあります
道路に面しています
お昼のパスタランチは¥1000でコストパフォーマンス抜群、
サラダとパンとオムレツが最初の皿
パスタを6種類の中からチョイス
飲み物・・のコース
デザートやアルコールを選ぶとプラス料金の設定です。
本日のパスタとメインが付くランチもあります
¥2000の価格です。

店の雰囲気もご主人の印象も、私達には合いそう
いいお店を紹介していただき感謝です。

経営がご夫婦単位の店はゲスト側と店側の相性が大事
大きなメニュー変更は少ないですが味の均一性は利点でしょうか。

山口のビストロ・フォンデュ2が閉店され落ち込んでいましたが、
久しぶりのお気に入りの店になりそうです
次回はメインが食べれる夜にお邪魔したいものです

DSC_0061_convert_20130531104647.jpg
お店で出されているパン(豚マンのようですが)が
美味しくてテイクアウトをお願いしました
DSC_0065_convert_20130531105018.jpg
 DSC_0063_convert_20130531104914.jpg
何となくノスタルジックな気分になった5月30日でした。 このページのトップへ
今日はブログを午前中にアップ予定でしたが
新作ケーキをランチメニューに載せようとなり
急遽メニュー変え

そんなこんなで、現在打ち込み中です。

昨日の店休日は、無事に車のエアコンも治り快適に市内をウロウロ。
DSC_0058_convert_20130524193749.jpg

常盤公園内にあります常盤ミュージアムという場所で、
日本画家で西村緑川さんの教え子である戸田寛子さんのスケッチ画や絵画、
陶芸作家の平野豊成さんの作品の同時展示会へ、
戸田さんは仕事で不在でしたので気ままに鑑賞・・駐車場から少し歩かないといけません、
いつもはウォーキングウェアで軽く歩く道も
勝手が違い、長く感じます、暑さのせいかもしれません。

丁度お昼でしたので公園内のボンボンというお店でお昼、栄養が入りましたので次の個展へ

DSC_0059_convert_20130524193857.jpg

藤田画房2階で開催中の画家・堀研さん世界のスケッチ展・・アジア編・・の鑑賞、
多くの人で賑わっておりました、画集やスケッチ画も売れているようです、
バリやスラウェシの風景を描かれたものが多く、コーヒー関連のイメージ画のようでした。

今県立美術館で開催中の松田正平さんの画風よりも
堀研さんの作品の方が好みです
絵を購入するのはいつになるか分かりませんが
スケッチ集でも眺めながら楽しみましょう。
月曜日まで開催中です。
このページのトップへ
木曜日に師匠の手ほどきを受けて、新ケーキの試作

内容はアーモンドバタークリームケーキ・・では長いので、
もう少し簡単にしたネーミングにしようと思います。
あと2-3回作って完成すると思われます。

洒落た名前でアマンディーヌ・・第一候補です。
バタークリームなので後からズッシリきます
少しだけ厚みを減らした方がいいでしょうか。

上にホイップしてアーモンドを飾るとかの案もあり
使用するアーモンドは中国産以外だと高いので
採用すると¥380
そのままだと¥320
少し塩気があって合うとは思うのですが・・



車のエアコン故障、15年近くになる車なので、
原因のコンプレッサーは中古品を頼みました
取り付け費込みで¥7万
税金が押し寄せる時期なので、トホホ
エアコンがないと運転が辛い時期になってきました。 このページのトップへ
私は近くのコンビニまでウォーキング
大きな船が停泊しているところです
歩かないとメタボが怖い、食べすぎでしたので。

3日目は帰路
ここ「晴海」の朝食名物はさざえが入った海鮮味噌汁です
DSC_0053_convert_20130510143636.jpg
夜・朝とも魚・肉とも高水準
和食どころ「玄」は増床するようです、流行ってます

苅田あたりまで来ると現実が見えてきます
連休の夢は終るのですが、途中暑くて眠たいので、ガムと飲料ばかり
うとうとしながら、やっと小野田へ到着、
ふとゲージを見るとガソリンマークが出てます
残り0キロメートル、やばいぞ
200m先にエネオスマーク、セーフ
燃費はエアコンなしのため、いつもより良かったですが
最後にガス欠の罠が待っていました
 
次の連休はお盆明けなので
また張り切ってがんばりましょう。

いつも食べ物のことばかりで・・
和食が多かった今回の旅でした。 このページのトップへ

早朝
私は旅行の定番、近所をウォーキング
今回は赤坂から六本松へ、護国神社を初参拝
神社を見たので、竈門神社はいつの日かに変更します
ホテルへ戻り水分補給
阿蘇の名水・・とあるのですが、クマモン登場
今日は様々なクマモンに会う日となりそう
DSC_0048_convert_20130510143115.jpg

2日目は、熊本・植木のメロンドームを目指します、
DSC_0050_convert_20130510143328.jpg

毎年この時期に行きますが、スイカのお父さんは引退されて息子さん世代へ、
今回は選別場が見えるようになりました、糖度数も表示します
DSC_0049_convert_20130510143218.jpg

そのそばで販売しているアイスクリームは大人気のようで、行かれたならば是非どうぞ

別府へ向かう途中、日田で下車、やきそば想夫恋の本店へ ここで昼休み
DSC_0052_convert_20130510143537.jpg
DSC_0051_convert_20130510143440.jpg

以前チェーン店の中津店で食べたときはホルモン入り、種類も多かったのですが
こちらはやきそばは1種類、他は中華メニューが充実
やきそばを注文すると、お昼時間はごはんが無料サービス
¥840とやきそば価格としては高いですが
内容、ボリューム、味付けどれも「名物」に値するものです
途中下車、正解でした、それにしても暑いです

大分道も窓全開で走ります、でも眠気がきます
無事に別府の宿に到着
このページのトップへ

Information

カフェ人です
  • Author: カフェ人です
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

08月 « 2019年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

 

プロフィール

カフェ人です

Author:カフェ人です
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する