FC2ブログ

琥珀色のコーヒーブログ 2

珈琲店でのことや豆の話、主人の日常や関心のあることが綴られる内容です。

日本へ多くの珈琲豆が輸入されて
特にスペシャルティコーヒーの情報は開示されています。

輸入された豆の船の名前やロット番号
出荷時期も分かります

輸入(空輸便はごく一部で、ほとんど船便)されて
すぐに消費者のもとへ届きます
本当のニュークロップ(当年生産豆)が。

そんな流れが当店サプライヤーのアタカ通商HPにありましたので
抜粋で掲載します。

まず 入港

自主検査

食品申請

輸入検疫所でモニタリング検査

食品合格

税関に輸入通関申告

税関検査 以下の4タイプの検査のうちの一つ

持込検査、麻薬犬、レントゲン検査、抜き取り検査

ここで農薬などで不合格になり
本国へ戻っていくケースもあるようです

何もなければ無事に通関許可

出荷となります。

早いと半月、遅いとひと月以上
時間に厳しい日本ならではの情報でした。
このページのトップへ
ハワイ島コナ地区の現状は以前書きましたが
6月にカウ地区の豆を仕入れようと思います
ここ数年数々の賞を受賞しているラスティーズ農園
そこのウオッシュド精製のティピカ種です
価格はブルーマウンテン以上ヴァレンティーナ以下となりそうです。

アメリカでは10%配合されていると「・・・ブレンド」と表示出来るようです
今大変なことになっているハワイコナ、日本では50%混ぜないと「ハワイコナブレンド」と名乗れません
かの国ではそれほど配合しなくてもいいのですから、コスト面で有利ですね
本国から買いあさるはずです
ベリーボーラー被害で数量減っても価格が高騰しても問題ないですから。
ハワイで無料で飲めるコーヒーは多分、このハワイコナブレンドでしょう
100%コナ・エクストラファンシーが飲めるのは高級店か日本くらい
深煎りやフレーバーだとそんなにグレードのいい豆を使うことはないでしょうから。

これから輸入されるハワイコナは上から4番目のセレクトグレード
これを配合したハワイコナブレンドが主流になるかもしれません。 
ストレートは100gで¥1500以上になるのでは思います。 このページのトップへ
ハワイコナのベリーボーラー病に続いて、
中米ではサビ病が蔓延し、猛威をふるっているようです。

政府が非常事態宣言を出し、生産者保護に乗り出した国もあるようです
ニカラグア、エルサルバドル、ホンジュラスの3国では170万袋
コスタリカは20%、グァテマラは20%、パナマは40%減の予測が出ています。
パカマラやゲイシャは大丈夫でしょうか

スペシャルティコーヒーに力を入れている中米なので
その地域の豆を扱う店では影響は出そうです
病気に強い品種が残るのでしょうか

内容は当店のスペシャルティコーヒーのサプライヤーである
アタカ通商ホームページより抜粋しました。 このページのトップへ
昨日は暖かいと書きましたが、午後3時あたりから寒くなり
今朝は屋根の上には雪が積もっていました
寒い週末となりそうです

ハワイコナの代名詞のような農園「グリーンウェル」
当店の在庫は焙煎した800gで終わりです

現在は虫食い病のベリーボーラー病対策を行っているようですが
今クロップもエクストラファンシーグレードの認証は取れないようです

ですので日本へは入ってこない、幻のグレードとなる数年です

当地ではフレーバーコーヒーを主体に観光客用にサービスしています
フレーバーに慣れた方には、中煎りのストレートは理解出来ないかもしれませんね
中煎りにして繊細なテイストのコーヒーを提供する動きを
コーヒーのサードウェーブと呼んでいるようです

日本へは次の輸入ではno1グレードが来そうです
エクストラファンシーグレードはいつになるでしょうか

グリーンウェル完売後は
ハワイアンクィーン農園のエクストラファンシーを20キロ販売いたします
焙煎豆は変わらず、生豆は少し値上がりです
それが終るとグリーンウェルのno1となりそうです

このページのトップへ
今日本最大のコーヒーチェーンは、ドトール、スタバ、タリーズ

珈琲の一人あたりの消費量世界一の国は・・・
正解はフィンランド
同国の一番のブランドは「ロバーツコーヒー
ロバート・パウリグ会長が創始者

その日本最初の店が福岡にオープンするようです
先日訪れた天神コミュニティと同じフロアに
コミュニティ・ラジオの達人からの情報です
北欧ですからサントメプリンシペがメニューに載るのかが私の一番の関心事です
開店したら行かねばなりませんね。 このページのトップへ
昨年 ベストオブパナマを獲得した
ヴァレンティーナ農園のゲイシャ種2012が届きました
3キロ毎にバキュームパック(2袋はガス抜けてます)

10月から販売する予定です
定価は¥2800・100g焙煎豆、昨年は¥3000でした
2011年は1位、今年は5位でしたので
昨年よりも少しだけお求め易い(今年はブルーマウンテンの1・8倍、昨年は2倍強でした)
9キロですので、早く無くなると思われます。

カリブのグァダループ島のパピヨンブルー・バニベルは
価格上昇に伴い、10月から新価格で販売再開いたします
ブルーマウンテンよりも高めになります

各種ブレンドに配合して香り担当の豆「ラスデリシャス・パカマラ」
が無くなりましたので、グァテマラのグアヤボ農園のパカマラ種を10月から販売いたします
火曜日に焙煎しましたので、来週火曜日に試飲
今日あたりでも缶を開けて香りを嗅ぐと「いーいーアロマ」です
多分 代役は十分に果たすことでしょう


このページのトップへ
SCAJ2012の季節が来ました
今年も9月に東京ビッグサイトで行われます
世界各国から生産者、日本の業者、関連会社など
年に一度のカーニバル

スペシャルティコーヒー・アオシエーション・オブ・ジャパン
日本スペシャルティコーヒー協会の意味です

一日いても飽きません、コーヒー漬けになるのも
いい経験かもしれないですね。 このページのトップへ
今日 これから焙煎します面白い珈琲豆

ガラパゴス・オーガニックのオールドビーンズ 
収穫後5年以上経った珈琲豆のことです
ニュークロップ(収穫された当年の珈琲豆)に比べ
コクや甘さが増して、より奥深いテイスト

10年前にモカのオールドビーンズを販売して以来の
珍品です

今回のコピーは「NEW or OLD 6年目の真実」
9月から6キロ限定ですが特別価格で販売いたします

焙煎豆 ¥930・100g
生豆  ¥480・100g

私も初豆なので試飲が楽しみです
来週 月曜日から店内でもカップサービスいたします このページのトップへ
昨日午後、カナリア・ラ・コルコバーダが届きました(5キロ)

他にルワンダ・カレンゲラ60キロ(前回の分が少し残ってますが、予約期間が過ぎましたので納品)、
完売しましたがご要望があり再度パピヨンブルー12キロ、
ケニアのガチャミファクトリーの豆30キロ

写真はコルコバーダ農園のナチュラル精製(イエメン産のような色合いです)のティピカ種
水洗式精製ですとグリーン色が強く、水で洗わず乾燥させると黄色が強くなるのです
通常ナチュラル精製の方が甘味は強いと言われています
最近ではナチュラルをワイニー、パルプドナチュラルをハニーと呼ぶこともあります

DSC_0023_convert_20120706161612.jpg
DSC_0024_convert_20120706161702.jpg
このページのトップへ
昨日イエメン産モカ種が届きました
在庫が3種類とも10キロを切りましたので急いで注文、商社在庫はマタリが残り3袋でしたセーフ
次回は例年どおりですと輸入荷は夏前後なので危ないところでした
モカがない・・はシャレになりませんので。

アタカ通商さんから仕入れるイエメンモカは地域指定・仲買指定のものです
このホワイトキャメルシリーズは現地ムサラム・トレーディングが扱う豆
バニーマタル(通称モカマタリ)、ハイミ、ライミ、ハラズなど
以前はバニーイスマイリもありましたが今は麻袋の表示からも消えています
収穫が不定期の地域でしたので、いつか入れば仕入れてみたいものです

今回はバニーマタルを2袋、ライミを1袋、ハイミを1袋の計4袋
ブログ写真
このページのトップへ

 日本初 惹かれます この言葉に 売る側も買う側も
そんな方にお薦めの珈琲豆届きました

カナリア諸島はアフリカ北西 モロッコの沖に浮かぶ
スペイン領高級リゾート地(本国はもちろん、北に住むドイツ人観光客が多いようです)の島々です

今ままで、グランカナリア島のラ・コルコバーダ農園やラス・ローサス農園の豆を扱いました
今回は、一番大きな島「テネリフェ」からの珈琲豆です
今回空輸された量は25キロ、この布袋(パッチワークの作品のようです)に2・5キロビニール袋でふたつ
201202171432001.jpg

こんなデザインされて質の良い袋は初めてです
表は花のデザインと島名、裏は農園名と詳細が(スペイン語で意味不明です)・・
農園のロゴマークもイカシテル(古いですか)
201202171427000.jpg
201202171427001.jpg

農園主夫妻はドイツ人、ご主人は植物学者さんで隠居後この暖かい地で余生を楽しまれる
いいな
サンスーシ農園のサンスーシとはフランス語で「憂いなし」とか「気楽な」という意味のようです
コーヒーの他にも、ワイン用葡萄、砂糖きび、パッションフルーツ、カカオなども栽培
島は違いますが、栽培品だけを聞くと今ままでのカナリアの農園と同じ香りがします

一番興味のあるコーヒー豆は品種が混ざっているようで
(多くの国の品種のミックスで、サンスーシ・オリジナル種です)、どんなテイストなのか
スクリーンで言いますと16アップでしょうか、ざっと見てモカ種はないような気はします
201202171432000.jpg

焙煎して10日後にははっきりします、楽しみです

それと約10年ぶりのキューバ・クリスタルマウンテンと
昨秋好評でしたエルインフェルト・パカマラを各10キロ仕入れました
3月からの販売となります。

かなり昔は「インチキ商売」で、キューバ産の豆をブルーマウンテンとして
販売していた
それほどブルーマウンテンテイストを感じるカリブ海産の豆です
ドミニカと比べてキューバの方が香りとコクは優れています。 このページのトップへ
昨夜21時からのフジテレビ月9を見ました

ですが、探偵社の前のカフェは出てきましたが
珈琲知識についてはなし ん

敷島★珈琲は、昨年CS放送で「TOKYO コントロール」という番組があり
その中での物語だそうです
 
なので見ることが出来るのは
「YOUTUBE」だけとなります

スペシャルティコーヒーもあればいいのですが。
ちなみに抽出はプレスではなくてドリップのようです。 このページのトップへ
月9ドラマのラッキーセブンのスピンオフドラマ「敷島★珈琲・バリスタは見た」
1月16日から放送されていました、見損ねました
が、ユーチューブで見ることが出来ます
敷島珈琲かラッキーセブンで検索されてみられてください
過去の放送分が見れます

この「琥珀色のコーヒーブログ」常連の方でしたら、当然見ておられる、失礼しました
今夜からでも是非

いろんな種類の珈琲が出てくるようです
コピルアック、モカマタリ
正しい情報でありますように。
最近コピルアックはいろんな国で収穫されます
以前は天然物ばかりでしたが、世界的に人気となり
養殖ものも増えているようです
(檻に入れて強制的に生産する生産者が増えてきて、動物擁護団体からクレームがるようです) このページのトップへ
最新の2011年秋号が届きました
ご希望の方はお申し付けください
数冊ですので、珈琲豆を買われる方に限定しますが

今回の特集は
アメリカ美術とコーヒー
裏表紙は当店スペシャルティコーヒーのサプライヤー
アタカ通商さんの広告
・・季節変われど美味しさ変わらず・・

201110021309000.jpg
このページのトップへ
ベスオブパナマ2011に輝いた
ヴァレンティーナ農園のゲイシャ種が入荷いたしました

真空パックで3キロが3袋 箱に入ってきました 
パナマのゲイシャの王者エスメラルダを得点評価で下した
新王者の味わいはいかがなものでしょうか

来週金曜日から店内では御提供出来ると思います
¥1000・1カップ

珈琲豆は販売開始しました
メール会員さまや常連のお客様には今月は特別価格で販売いたします
定価¥3000・100gを¥2500で

どうぞ
アロマとフレーバーに魅せられて
パナマ・ゲイシャの世界へお立ち寄り下さい
201109031111000.jpg
201109031112000.jpg

2日金曜日

ガチャミ・ケニアスマトラタイガーグァテマラ・ドンアントニオ
グァテマラSHBキリマンジャロブラジル
コロンビアドミニカ

3日土曜日

ヴァレンティーナ・ゲイシャ このページのトップへ

ハワイコナ グリーンウェル農園のエクストラファンシーグレード 100ポンド(45-46キロ)麻袋
表はグリーンのアメリカ・パーコレーターのマーク
上部にグレードを示すタグが付いています
1850年創業ですから160年 世界でも古い農園のうちの一つです
裏にあるATCのマークはその豆を買った商社やコーヒー業者のマーク
アタカ通商が仕入れたロットの証明です

あまり見かけることの少ない麻袋ですが
興味があれば御覧ください
伊藤忠、丸紅、ワタル、アタカ、日本珈琲貿易、ヴォルカフェなどのマークが必ずあります
201108261441000.jpg
201108261441001.jpg
このページのトップへ
水曜日 セントヘレナ予約の葉書を出しましたお客様がご来店
私達もご一緒に3日金曜日に焙煎した豆を試飲

透明感、甘さ、ワンランク違う上品さ がポイント
酸味は控えめで、フルーツのもつ上品な甘さという表現がピッタリ
雑味という表現とは対極です
コーヒーは飲めない、紅茶しか  そんな方にもお薦め出来るコーヒーです
コスタリカのパルプドナチュラルのような甘いコーヒーです
少し糖を加えるとマンゴーのテイストを感じました
やはり「世界最高の珈琲豆」との称号に近い豆でしょうか

画的にはイマイチですが
抽出した液体は明るい色合いです
豆自体はかなり堅いものです
201106081125000.jpg
このページのトップへ
朝に到着後 午後ランチタイムが終って焙煎
セントヘレナのブルボン種 堅そうです かなり
カナリアやモカのナチュラル精製の堅さ 
天日で4ヶ月乾燥するようなので水洗式に比ると堅いです

人間に置き換えると頑固 自信家のナポレオンとは喧嘩しそうですね

かすかに3年前のセントヘレナの豆を思い出しました
こんな感じでしたね、やはり。
仕上がりの外見はガラパゴスのようです。


このページのトップへ
今 17時前です
実験中のコーヒーの色は出ましたので試飲

トラジャ深煎りよりもマンデリンの方がいいかな
と三人の意見が合いました

ロブスタ種は配合しないのでコストはかかりますね
でも後味はスッキリ
マウスフィールもなめらか

焙煎度合いは中煎りより少し深めあたりで
フレンチまで行くと折角の飲みやすさが消えるのでダメ
業者に発注する最低ロットが500なので
一度に25000gのマンデリンを使いようになります

原価計算すると価格決定は迷うような気もします
4袋入りで600-800円あたりでしょうか。 このページのトップへ

今日はトラジャ深煎りとマンデリンの2種類を試作中
500ccの水で50gの豆
出来上がる夕方が楽しみです。 このページのトップへ

Information

カフェ人です
  • Author: カフェ人です
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

08月 « 2019年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

 

プロフィール

カフェ人です

Author:カフェ人です
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する